モンデリーズ・ジャパン株式会社は、2021年7月1日付で、福本千秋が代表取締役社長に就任することをお知らせいたします。

福本千秋は、大学を卒業後25年以上にわたり、消費財業界における営業戦略企画部門および対外営業部門でのマネジメント職を歴任、その後、小売企業にて店舗運営部門を統括してきました。
なお、ガネッシュ・カシャップは、2021年6月30日を持ちまして、代表取締役社長を退任いたしました。

<福本千秋略歴>
1991年、広島大学を卒業後、P&Gジャパン合同会社入社。21年間の在職中、11年間は営業戦略企画部門、10年間は対外営業部門にて、マネジメントポジションを歴任。トイレタリー商品の営業、企画に加え、日本発でアジアに展開し始めたスキンケア/コスメ事業部におけるマーケティングと営業戦略企画を統括し、市場戦略策定からオペレーションまでを担当。また、1年間の米国赴任も経験し、国内外の多数の卸店、小売店を含む流通企業と協業。2013年に日本ロレアル株式会社入社。コンシューマープロダクツ事業本部の営業統括本部長として、全国8支店、営業戦略企画部及び全国をカバーするマーチャンダイザー組織を統括。2017年に合同会社西友に入社。3万人以上の従業員を抱える店舗運営本部で、東日本の統括バイスプレジデント、及び戦略企画部でありスーパーバイザー/OJTトレーナーを含むセントラルオペレーションを統括し、店舗組織/オペレーション改革をリード。2021年6月30日付で退社。 2021年7月1日付で、モンデリーズ・ジャパン株式会社代表取締役に就任。